×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



結婚 リンク集

結婚(けっこん)は、主に男女が夫婦になること。あるいは夫婦間の結びつきのこと。 かつては正式な表現として婚姻(こんいん)のほうが用いられることが多かった[1]が、最近は「結婚」という表現が用いられる頻度がむしろ増えている。また、俗に(夫婦の)「契り(ちぎり)」ともいう。 なお、結婚していないことを未婚(みこん)、既に結婚していることを既婚(きこん)といい[2]、未婚または既婚の者をそれぞれ未婚者、既婚者という。

結婚の定義はいくつかあり、日本においては、婚姻届を出し戸籍に記載される婚姻を結婚と定義することもある。 その他にも以下のような要素に着目した様々な定義のしかたがありうる。 * 社会的結びつき * 経済的結びつき * 人間的結びつき * 法的正当性 これらの根底にあるものは「契約」という概念である。親子の関係はタテの関係であり、生まれたら自動的に関係付けが発生し、原則的に一生の間不変である。一方、結婚というのは男と女が結びつくヨコの関係であるとされる。一般的に血縁関係にない男女であるので、結び付きは契約的になる。 * したがって、結婚の解消というものがあり、これを離婚という。 * ただし、一部の国または地域では、男性同士や女性同士の同性結婚も法的に認められている。 結婚は必ずしも同居を伴わず、単身赴任等で離れて暮らしていても婚姻関係は成立する。つまり親族以外の両性の心理的繋がりが婚姻状態であると言える。 内縁関係であっても、実際に夫婦関係が構築されているのであれば、結婚と同様に扱われるケースがある。 広辞苑では「婚姻」の定義として、「結婚すること」とした上で、「夫婦間の継続的な性的結合を基礎とした社会的経済的結合で、その間に生まれた子が嫡出子として認められる関係」としている。「結婚」の文字は「婚姻」の文字と共に漢籍を由来とし、日本では平安時代より用いられてきた。しかし、当時はどちらかといえば「婚姻」の文字の方が使用例が多かった。明治時代になり、この関係が逆転して「結婚」の二文字が多く使用されるようになった(出典:日本国語大辞典第二版) フランスにおいては、結婚は契約として解される。そのため、契約書を取り交わす必要があり、挙式だけでは(それが教会で行われようと)法的に結婚を行ったとは認められない。

太平洋戦争(第二次世界大戦)の最中に日本人男性が多数戦死した。戦争で男性の数が減ってしまったのに比べれば、女性の数ほうは さほど減っていなかったので、戦後、女性は数的に余ってしまうことになった。結婚を強く望んでいても、どうにも結婚にたどりつけない女性が多数あらわれることになり、それは社会問題としても取り上げられることもあった。大数の原理はどうしようもなく、結婚できないまま歳をとってしまい、そのまま一生を終える女性も多かった。運良く戦争を生きのびた日本人男性の視点から見れば、結婚相手とすることができる女性は多数余っていた状態なので、比較的優位な立場で結婚相手を選ぶことができた(つまり、戦後の日本人男性は結婚相手としてもてはやされた。簡単に言えば「モテた」)。 かつては、(男性はただ)「まじめに働いて、やさしくていい人」というだけで結婚できたともいう。待っていればだれかが結婚話を持ってきてくれて、自分はその流れに乗っているだけで自然と結婚できたという。お見合いという形式ばったものでなくても、日常的に近所のおばさんなどが「n軒先の○○さんの次女はどう?」などと話を持ち込んできたり、地域の寄り合い等経由で話が持ち込まれていたという[8]。 高度成長期には、右肩上がりだったので、定職に就いている人や、手に職をつけている職人さんなら、「暮らしは良くなる」と予測・期待して結婚できた。また高度成長期、多数の企業が人々を大量に正社員として雇い入れ囲い込んでいた。女性は「お嫁さん候補」として入社しており、職場は、男性と女性が出会う場になっていて、いわば「集団お見合い」の役割を果たしていた。当時、男も女も順当にゆけばカップルになり、結婚すれば女性は会社を辞めてゆくのが習慣であった。辞めるということは、常に新しい人と入れ替わるということであるので、男性から見れば、「今年はダメ」でも「では次の年」というように、女性を選び放題だった[9]。[10]。当時、ほとんどの女性にとって、結婚する以外に生きてゆく術(すべ)がない時代であったので、男性からプロポーズされれば、右肩上がりの経済を思い描きながら結婚した[11]。 このように、近所やコミュニティの人々のお世話や、集団見合い的な職場があったおかげで、日本は1970年代まで、「95%の人が50歳までに結婚する」という、結婚率が高い国家であった。 そして、特に事情がない限り、大半の人が20代のうちに結婚をして、2人程度の子供を持つということが行われていた[12]。 日本においては、先進国の中で比較すると、結婚は非常に一般的であるといえる。婚外子もわずか2%である。日本の正式婚の数は、1978年以降、現在Template:いつ?に至るまで年間70万件台を維持しているとされた(『現代用語の基礎知識』自由国民社、何年版?)。 だが、未婚率は年々上昇しており、30代前半で未婚の男性の割合は1960年の9.9%から2005年には47.1%まで上昇した。生涯未婚率も上昇しており、2005年時点で男性15.4%、女性6.8%となった。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 結婚 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4